ブドウ糖 ドット ジェーピー

ブドウ糖が不足するとどうなる?ブドウ糖

低血糖症
体にブドウ糖が不足すると「低血糖症」になってしまいます。自覚症状として、異常な空腹感を感じたり、気力が湧かず脱力感を覚え生あくびや目の焦点が合わない、頭が働かないなどの症状が現れます。

特に脳は酸素を使ってブドウ糖を二酸化炭素と水にしてエネルギーにしているので、脳にとってブドウ糖は重要なエネルギー、不足すると脳が上手く働かず思考能力や、集中力が低下したり、やる気も出ず、イライラしたり、急に腹が立つなどの精神的な変化も出てくるので、仕事や勉強もはかどらなくなるのも当然の事です。

また、完全にエネルギー供給がとぎれてしまうと、およそ3分間で完全に神経細胞が死んでしまうそうです。死んだ細胞は元に戻る事はないので、定期的に補給する事が大切です。

体が疲れたり、イライラしたりした時、甘い物が食べたくなったりするのも、脳が「ブドウ糖が不足している」と危険信号をだしているのかもしれません。

ブドウ糖の働き

欠かせないエネルギー栄養素 ブドウ糖は脳をはじめ、筋肉などを正常に動かす為に使われております。 ...

商品詳細 »

1日に必要なブドウ糖の量

脳に必要な栄養素 脳は、体全体のエネルギーの18%も消費するそうです。(ブドウ糖以外の栄養素も含む全...

商品詳細 »

ブドウ糖が不足するとどうなる?

低血糖症 体にブドウ糖が不足すると「低血糖症」になってしまいます。自覚症状として、異常な空腹感を...

商品詳細 »

ブドウ糖は毎日の食事で不足する?

毎日、食事をきちんと摂っていれば大丈夫 通常の食事(1日3食)を取っていればブドウ糖が不足する事...

商品詳細 »

ブドウ糖の補給

常に消費されるブドウ糖 人は1日に何もしなくてもおよそ260g、脳だけでも120gのブドウ糖を消費してい...

商品詳細 »

砂糖とブドウ糖と果糖

ブドウ糖は単糖 砂糖はしょ糖(サッカロース)の通称で、分子的にはC12H22O11で表される二糖の一種で...

商品詳細 »