ブドウ糖 ドット ジェーピー

砂糖とブドウ糖と果糖ブドウ糖

ブドウ糖は単糖
砂糖はしょ糖(サッカロース)の通称で、分子的にはC12H22O11で表される二糖の一種です。甘みが強くサトウキビ、サトウダイコン(甜菜糖)などから製し、希参や酵素により加水分解されてブドウ糖(グルコース)と果糖(フクルトース)になります。

つまり砂糖はブドウ糖と果糖の結合したもの、ブドウ糖は砂糖の一部の単糖です。

ブドウ糖は砂糖に比べ、粒子が小さくサラサラとしています。甘みも砂糖よりも弱く後味もあっさりとしています。

砂糖を摂取する事で、ブドウ糖を摂取することも出来ますが、同時に得ることになる果糖は老化(シワ)の原因になるという説もあるのでたくさん採る場合はブドウ糖単体の方が良いかも知れません。

ブドウ糖の働き

欠かせないエネルギー栄養素 ブドウ糖は脳をはじめ、筋肉などを正常に動かす為に使われております。 ...

商品詳細 »

1日に必要なブドウ糖の量

脳に必要な栄養素 脳は、体全体のエネルギーの18%も消費するそうです。(ブドウ糖以外の栄養素も含む全...

商品詳細 »

ブドウ糖が不足するとどうなる?

低血糖症 体にブドウ糖が不足すると「低血糖症」になってしまいます。自覚症状として、異常な空腹感を...

商品詳細 »

ブドウ糖は毎日の食事で不足する?

毎日、食事をきちんと摂っていれば大丈夫 通常の食事(1日3食)を取っていればブドウ糖が不足する事...

商品詳細 »

ブドウ糖の補給

常に消費されるブドウ糖 人は1日に何もしなくてもおよそ260g、脳だけでも120gのブドウ糖を消費してい...

商品詳細 »

砂糖とブドウ糖と果糖

ブドウ糖は単糖 砂糖はしょ糖(サッカロース)の通称で、分子的にはC12H22O11で表される二糖の一種で...

商品詳細 »